ビタミンB12 berubigen VB12 CAS 68-19-9シアノコバラミン

の起源の場所: Shandong,中国 (本土)
CAS NO.: 68-19-9
ブランド: MOSINTER

inquiry

skype basketバスケットに追加  Edit

製品説明

支払い&配送条件 供給能力

ビタミンB12(CAS:68-19-9)

 

項目

インデックス

分子式

C63H88CoN14O14P

分子の重量

1355.37

仕様

CP/USP/EP

外観

深紅色の粉末

融点

> 300°C

溶解性(水中)

水溶性の

貯蔵条件

2-8 ° C

 

ビタミンB12、ビタミンB12やビタミンB-12とも呼ばれるコバラミン、brainand神経系の正常な機能において重要な役割を有する水溶性ビタミンであり、血液の形成のため。それは、8ビタミンB群のひとつです。これは通常、特にDNA合成および調節だけでなく、脂肪酸合成(特に、奇数鎖脂肪酸)及びエネルギー生産に影響を与え、人体の全ての細胞の代謝に関与している。どちらの真菌、植物、また動物は、ビタミンB12を産生することができる。多くの食品が原因で細菌共生のB12の天然の供給源であるが、専用バクテリアや古細菌は、その合成に必要な酵素を持っている。ビタミンは最も大きく、最も構造的に複雑なビタミンであり、唯一の細菌発酵、合成により工業的に生産することができる。

Vitamin B12 consists of a class of chemically related compounds (vitamers), all of which have vitamin activity. It contains the biochemically rare element cobalt sitting in the center of planar tetra-pyrrole ring called a Corrin ring. Biosynthesis of the basic structure of the vitamin is accomplished only by bacteria (which usually produce hydroxocobalamin), but conversion between different forms of the vitamin can be accomplished in the human body. A common semi-synthetic form of the vitamin, cyanocobalamin, does not occur in nature, but is produced from bacterial hydroxocobalamin and then used in many pharmaceuticals and supplements, and as a food additive, because of its stability and lower production cost. In the body it is converted to the human physiological forms methylcobalamin and 5'-deoxyadenosylcobalamin, leaving behind the cyanide, albeit in minimal concentration. More recently, hydroxocobalamin, methylcobalamin, and adenosylcobalamin can be found in more expensive pharmacological products and food supplements. The extra utility of these is currently debated.

ビタミンB12は内因子を分泌する責任胃の壁細胞は、胃の中に酸を分泌する責任同じ細胞を破壊される自己免疫疾患である疾患悪性貧血、その関係から発見された。内因子は、B12の正常な吸収のために重要であるので、内因子の欠如、悪性貧血に見られるように、ビタミンB12欠乏の原因となる。ビタミンB12欠乏症とその生化学的効果の他の多くの微妙な種類がいるので解明されている。

カテゴリー: ビタミン剤のAPI

関連カテゴリー: 消化器系の薬のAPI  循環器系の薬のAPI  防虫API  抗生物質のAPI  抗腫瘍薬のAPI 


«
米国におけるオフラインのショールーム
qrコード