アセトクロールのCAS 34256-82-1ハーネスacenit月- 097トップハンドtopnotc

の起源の場所: Zhejiang,中国 (本土)
タイプ: 液体
ブランド名: MOSINTER
CAS番号: 34256-82-1
名: アセトクロール
分子式: c14h20clno2
分子量: 269.7671
密度: 1.119グラム/ cm 3で
引火点: 190.5°c
融点: 0℃
沸点: 760 mmHgので391.5°C
蒸気pressur: 25℃で2.46emmhg
屈折率: 1.538
水溶性: 223mg /リットル(25℃)

inquiry

skype basketバスケットに追加  Edit

製品説明

支払い&配送条件 供給能力

アセトクロル(カス: 34256-82-1)  除草剤である.


アセトクロール属性

分子式

C14H20ClNO2

分子量

269.7671

密度

1.119グラム/ cmの3

融点

0℃

沸点

391.5°760 mmHgのにC

屈折率

1.538

引火点

190.5°C

蒸気pressur

2.4625℃での電子06mmhg

アセトクロル分子式


同義語: 2-クロロ-2'-メチル-6'-エチル-n-エトキシメチル; ハーネス; 2-クロロ-n-(エトキシメチル)-n-(2-エチル-6-メチルフェニル)アセトアミド; 2-クロロ-2'-メチル-6'-エチル-n-エトキシメチル - アセトアニリド; アクニット; 月-097; トップハンド; トップノック


これは、クロロアセトアニリドとして知られる除草剤のクラスのメンバーである. その作用様式はエロンガーゼ阻害である, ゲラニルゲラニルピロリン酸(ggpp)環化酵素の阻害, ジベレリン経路の一部. 環境汚染のリスクが高い.

 

アミド選択性, トウモロコシ用の出芽前除草剤, コットン, 大豆, ピーナッツ, 菜種, じゃがいも, シュガー, ごま, ヒマワリおよびマメ科, アブラナ科, ミズナラ科, 合成, 野菜畑および果樹園のアカシア科の多様性が、毎年のイネ科雑草を防除する, 農薬は雑草なしで作物の生長期間に制御できる. 無効な多年生雑草.

 

製品は選択的畑地であり、発芽前除草剤である, 土壌中で8週間以上作用する, アプリケーションは雑草なしで作物の生長期間を制御することができます. ピーナッツに使用できます, コーン, 大豆, コットン, 菜種, ごま, じゃがいも, サトウキビ, ヒマワリ, 果樹園およびマメ科植物, アブラナ科, ミズナラ科, 野菜圃場管理の毎年のイネ科雑草. 無効な多年生雑草.

 

それは出芽前除草剤である, 毎年のイネ科雑草およびいくつかの年間広葉雑草の防除, トウモロコシに適用, コットン, ピーナッツ, 大豆畑除草. それは発芽前適用または土植え込みによる植え付け適用のために同種化される, トウモロコシ. (トウモロコシ)を5リットル/ヘクタール(1835g /ヘクタール.i.) それはacenitの主な有効成分です, キーストーン, ガーディアン, ハーネス, リレー, サセミド, 凌ぐ, トップハンド, トロフィーと勝者.

 

トウモロコシの雑草を防除するために使用されている, いくつかの重要な雑草の場合にはアトラジンの代替物として特に有用である.

 

安全性

アセトクロルは、おそらくヒトの発癌物質に分類されている. アセトクロール, アラクロ, 鼻上皮における細胞傷害性および再生増殖を導く共通の組織反応性代謝産物の生成を介して鼻甲介腫瘍を引き起こし得る.

 

それはまた、確立された甲状腺障害者でもあります

 

低環境曝露でのアセトクロルまたは低環境曝露によるバイオモニターレベルでのヒトの健康影響は不明である.

 

エコロジー効果

アセトクロールは自然界で3番目に検出された除草剤である

 

アセトクロルは両生類の変態を促進する. それはまた、魚の発生に影響を与えることができます

 


外観: 淡褐色液体

梱包: 250キロドラム

カテゴリー: 除草剤ファームケミカルズ

関連カテゴリー: 殺虫剤ファームケミカルズ  植物成長調整剤  解毒剤ファームケミカルズ  殺菌剤ファームケミカルズ 


«
米国におけるオフラインのショールーム
qrコード